誰もに感染するリスクがあるカンジダ症について知識を高めよう

性病に分類される感染症になるのがカンジダ症ですが、この病気について知識が深い人が少ないです。単純に性病だと認識する病気ではない特徴があり、深く理解することが大切です。誰にでも感染する可能性があるからこそ、知っておく必要があります。

カンジダ症は誰にでもリスクがある

皮膚や消化管、粘膜周辺の常在菌が悪さをして引き起こすのがカンジダ症です。普段は症状を発することはありませんが、たまに発症することもあります。体調不良で免疫が落ちているときや、ストレスが溜まっているときなどに発症しやすいです。常在菌によって発症することから、性行為をしていない年齢であっても症状が出ることがあります。

免疫が落ちることによって発症しますので、免疫力を高めることストレス発散が大きな対策になります。またジメジメとした環境で活動を活発化しますので、乾燥も大きな予防対策になるでしょう。通気性が良い衣服を選ぶだけでも、大きな予防になります。

男性よりも女性に多い症状

カンジダ症は男性よりも、女性の方が発症しやすい病気です。男性は性器が外に出ていますが、女性の場合は内面に収められた状態になっていることで、原因であるカンジダ菌の活動が活発しやすい環境になります。そのようなことから、男性よりも女性の方が発症しやすいです。ある性病を調査した機関の統計によると、女性の75%に感染経験があり45%は再発を繰り返していると言われています。それほど女性には、おなじみの症状とも言えるでしょう。

感染は性行為だけではない

性病はセックスで感染しますが、そうではない性病もあります。トリコモナスヘルペスなど代表的な症状になりますが、常在菌によって感染することから感染源は性行為だけではありません。性病はセックスで感染すると多くの人が信じ込んでおり、カンジダ症のようにそれ以外で感染する病気があることについても、知識を深める必要があります。そうしないと、不本意に相手を傷つけてしまうことも考えられるでしょう。

知識がないと傷つけてしまうことも

トリコモナスヘルペスカンジダ症はセックスだけで感染するわけではありませんので、まだ性経験がない子供でも発症するケースがあります。またパートナーが発症してしまうことで、浮気を想像してしまい、険悪な仲になってしまうことも考えられます。しっかりとした知識がなければ、相手を傷つけてしまうことにもなり兼ねません。婚約や結婚をしている人であれば、将来にも影響を与える可能性がある問題になりますので、適切な知識を持つことが求められています。

正しい知識は治療に繋がる

このように適切な知識を持つことで相手を傷つけずに済みますし、なによりも治療に繋がります。性病はクラミジアや淋病のように、自覚症状がでにくい病気がある一方、カンジダ症は自覚症状がはっきりと出るのが特徴です。この病気のことについて詳しく知ることで、病院にも行きやすくなるでしょう。性病になりますが、誰でも感染する可能性がある病気だからこそ、治療を受けようとする気になります。よって正しい知識を持つことが、自分の体を労り、適切な治療を受けることに繋がります。

治療がしやすい感染症

男性に比べると治療方法がいくつかありますが、しっかりと治療をすれば完治する感染症です。また予防こそ重要になりますので、医師のアドバイスを受けて、カンジダ症とは無縁の生活を送るように心掛けてください。