カンジダ症は性感染症だけではなく他にも感染源がある病気

カンジダ症と聞くと、性病を想像する人が圧倒的に多いでしょう。確かに感染源としてセックスが挙げられますが、それだけではないのがこの病気のやっかいな点です。他にも感染源があることを知るようにしましょう。

常在菌が原因になることがほとんど

人間には体に害となる菌をいくつも持っています。ただ免疫があることによって、健康被害を受けません。カンジダ症の原因となるカンジダ菌も同じ常在菌であり、誰もが持っている病原菌です。セックスによっても感染するリスクがありますが、ほとんどが免疫力が落ちたことによって常在菌が悪さをするケースが多いです。

性行為の体験がない人でも感染する

常在菌が原因になることが多いというのは、セックスの経験がない人でも発症することがあります。カンジダ症は性病に分類されることで、この病気を聞くだけでセックスによって感染したと思い込んでしまう人も圧倒的に多いです。セックスの経験がない若い世代にも感染することがあります。余計な詮索をしてしまいがちですが、誰にでも感染するリスクがあることを理解しておくべき病気になります。

カンジダ症の理解

誰にもなる症状がカンジダ症であり、セックスによっても感染しますが性体験がない人でも感染することが多い病気であることが正しい理解となります。カンジダ症に感染したことで、パートナーを深く疑う人もいますが、このような事情を知っておかないと、意味のない攻撃をすることにもなるでしょう。十分気を付けておきたいポイントです。

免疫力を高めるのが最大の防御

健康体になっておくのが、一番のカンジダ症の予防策になります。ストレスも大敵になり、性器を清潔にすることも重要な予防策になります。